ビフィズス菌は、生きていなくても腸内環境を整える?!

discover

ビフィズス菌には、酸やアルカリ、温度変化に弱いという性質があります。そのため、ビフィズス菌のサプリメントを摂っても、消化の段階でほとんどが死んでしまうといわれ、ビフィズス菌をどうやって生きたまま大腸まで届けるか、というのがサプリメントメーカーの長い間の課題でした。

 

最近のビフィズス菌のサプリメントはほとんどが「生きたまま」腸に届くように作られていますね。

 

ところが、ここにきて状況にちょっとした変化が起きています。というのは、ビフィズス菌や乳酸菌など、善玉菌の死骸が腸内で果たす役割についての研究が進み、再評価されつつあるのです。

 

ある調査では、殺菌した乳酸菌を一定期間、被験者に摂取してもらったところ、オリゴ糖を一緒に摂った場合と同じくらいのビフィズス菌の増加が確認されました。以前から、ビフィズス菌は、同じビフィズス菌や乳酸菌など善玉菌の死骸を餌にして増えることは知られていましたが、その効果は想像されていたよりもずっと高いものであったことが確認されたことになります。

 

善玉菌の死骸は、食物を消化した残りかすや新陳代謝で剥がれ落ちた腸の内壁と一緒に便になり、体の外に排出されます。そのとき、善玉菌の死骸はさまざまなものを取り込んで排出する機能があります。細菌や、悪玉菌の餌になる有害物質、そして体内の発ガン性物質なども排出します。

 

ガンに関連したビフィズス菌の機能にはもう一つ、免疫力の強化もあげられます。この機能についても、菌の生死はほとんど影響がないことがわかってきています。小腸の壁には免疫細胞が集中していますが、この免疫細胞の受容体に、ビフィズス菌の菌体成分であるタンパク質や核酸が刺激を与えると、免疫細胞は抗菌物質を分泌します。これによって体全体の免疫力が高まるのです。ただし、菌体成分のうちどの成分が受容体と反応しているかは、まだ研究途中なのだそうです。

 

ビフィズス菌はこれまで、腸まで生きてたどり着つかないと意味がないといわれてきました。でも事実は、たどり着いたときに死骸になっていても、腸内環境を整えるのに大きく貢献してくれるのです。頼もしいですね。